2018年7月9日月曜日

腰上オーバーホール続き

腰上オーバーホールの準備ができて組み上げ作業とヘッド周りのパーツ画像を撮影しようかと思ってたんですが、出張が重なったりとバタバタで撮影どころか作業すら見る事も出来なかったので組みあがった時の感動を味わえなかったのが残念!
ですが
仕上がった車両が納車されると、次の作業が待っているので忘れてしまいますね

 で次の作業はキャブ車の楽しみセティング⁉
ピストンを交換してヘッドもバルブから歪みまで全て見直して頂きました!
今までとはだいぶ違うはずだからキャブのセッティングを濃くしてくださいとの事なのでメインジェット#180から#190に変更と長々使っていたKX250Fから流用していたダイアフラムを純正に戻す作業


さすがにFCR39だと径が小さいんだが、暫くは我慢!

これがKXF用のダイアフラムで加速ポンプの圧?流量が一番少なくなるタイプ

左がKXF・右が純正
KXFの方はポンプを作動させても突起がある為に底突きが早く
ピストン内かかる圧が純正に比べて低くなります。

4000rpm位を上限に軽く10㌔程走行してみた感じは、ガスが濃すぎな症状は無く2500rpm位からのワイドオープンでもシッカリ加速するんで、次回乗るときは4000rpm上を試すのが楽しみ

2018年6月25日月曜日

腰上オーバーホール


3月から色々続いているスポーツスター

4月のCSSC直前のエンジンブローで急遽載せ替えたエンジンも5月のブルスカでガスケット抜けてシリンダー確認したら段付きになっていたんで腰上オーバーホールが決定!

まぁ~中古ノーチェックエンジンだったんで、シーズン終わったらチェックかな?何て思ってたら巻きで壊れてくれたもんで、予定が崩れまくりですわ

シリンダーボーリングに出して上がってきた所をスーパーデューク先輩が開封チェック!
ひろせ♡がパッと見ころせ♡に見えるサイン入りです!
当然ですがシリンダーもバッチリです!
たまに内燃機の話になってボーリング出して何処に頼んだのって問いにお店に丸投げ状態で、
何も知らないって人が居るんだけど大丈夫?って思う 

まぁ~信頼関係の問題か・・・

エンジンは怖いよ~因みに前の4速エンジンは約11年間腰上はノントラブル・ノンオーバーホールでした。
OHVでパーツ点数少ないから当然なのかな?
ドカは酷かった自分でボアUPしたりと色々と自由研究したんで良く壊したw



2018年6月14日木曜日

K18(6:4)&K14WG(8:2) メリケンサック

メリケンサックのペンダントトップです!

武器系モチーフのペンダントって過去に色々と作って来ましたがメリケンサックは初!
作ってもナイフ・剣・斧・銃火器・弓矢って所でしょうか?後は系統が違いますが手錠とか

まぁ~
いずれにしてもK18でメリケンサックモチーフのアイテムをつくる事は滅多に無いかなと?
しかも個人様の依頼で仲間内用との事
K18とK14WGで作って欲しいというオーダーを頂きました。

上/K18 
中・下/K14WG

全体のバリ段差を取りまして縮み変形等を確認
鋳造上りから一気に作ってしまったんで工程画像は無いです

サイズ約38mmx25mm
素材がゴールドで角張った所は全く無いので、厳つい感じは薄まり良い感じじゃないでしょうか?

こうなってくると片面を200~100%位のDIAや半貴石でパべかラインパべとかやってみたくなります

左/K18 中央・右/K14WG



2018年6月7日木曜日

K18WG(6) パパラチアサファイアリング

久しぶりの仕事ネタ
普段はOEMのお仕事を請け負っているんで、仕事の内容をブログで書く事は無いに等しいんだけども看板が入ってからは手作りでジュエリーを頼まれることもしばしば


久しぶりにお客様持ち込み石
パパラチアサファイアでリングを作るなんて仕事が来たのでUP!この石いざ探して手に入れようとするとナカナカ大変なんだよね
値段・色・カット等色々・・・
うぁ~安い~なんて思って買うと使い物にならいなんて事も
石単体での画像を撮り忘れました。
サイズ/5.8x4.4のオーバル(OV)一般的に言われている
6x4OVというサイズで重さは0.61ct
カットの形も悪くなくガードル(石を正面から見て一番外の淵)の厚みも薄すぎずなので作りてとしては助かりますね
ガードルは、ある程度厚みがあった方が使っていてカケにくいので長く使える可能性は高いかなと・・・
リングのデザインはオーナーからイメージを画像で頂いているので、その画像を元にWAX(元型)を作ります。

作ったのがコレ地金になる前の状態です。
オーナーからOKも頂き仕上げの相談
石を預かった時にアンティークジュエリーの様な~
と言う言葉が頭から離れなかったので、通常でしたら鏡面に仕上げるのですが石枠の外壁とリング腕部分をヘアラインで仕上げる事に決定




オーナーと打ち合わせをして決定した仕上げ
私からの一方的な提案な気もしなくはないですが完成です。

 画像が暗かったんで違うカメラで
石枠の外淵・ツメ・リング内側は磨きで後はヘアラインです。
ツメの立ちが強いですが、華奢なので石枠が変形し始めても落ちる前に石揺れで気が付いてもらえればなと・・・
見た目だけで攻めるならもう気持ち石を沈めて後1/3ツメをカットして・顎切って上から~なんて色々考えますね
なんでK18のリングを茶色の革の上で撮ってしまったんだろう?



2018年6月4日月曜日

見直しと交換

さて最近よくこんな感じで見かける
マイ4速883改め5速1200

このエンジン調べた感じだとM2サイクロンエンジンでサンダーストームヘッド仕様のようです。


ガスケット抜けで色々と見始めたらリアシリンダーに段付きが出来ている事が分かったので、ココも何かしないとですね~
春から色々ありすぎて吐きそうです。涙

 ピストンが外れているので手に取って確認

ヘッドを外して上から眺めた時にはフラットトップピストンが入ってるんだな位に思っていたのですが、外してみたら微妙に高さがありドームトップでした。
 ピストンピンの位置はセンターではなく2mmオフセットしているようです。
こんな感じの計測なんで大体です



7月には何とか乗り出したいもんですな

2018年5月30日水曜日

2018 スーパーエンデューロin天竜

久しぶりのエンデューロレース多分3.4年振りかな?

今回の車両は一緒に走る先輩のKTM125EXC
普段乗ってるBETA125LCとは比べ物にならない位足回りがイイです
値段を考えれば当然かw

車検も終わりレースまでの約4時間半が長い
他のクラスのレース見たりと時間を潰しますが緊張感は完全に途切れちゃいます





練習走行も終わり出場台数42台120分のスタート!
第1ライダーがスタート間際に多分30分もって50分かなぁ~見たいな事を言い出しマジっすか?
俺より早いからもう少し頑張って欲しいなと思いつつも最近運動不足なんで承諾

相変わらずの砂ぼこり
ライダーだけの参加なんでインフィールドの画像は無し!
前~中盤・サンドでひたすらバンクの練習の様な感じで、後半が若干ガレてるかな?って感じの比較的平坦な河川敷らしいコースで、久しぶりに走る自分にはいい運動にはなったかなと
順位は17位でした!ん~微妙

そしてガスケット抜けのスポーツスターの方は、まさかのリアバンクのシリンダーが段付きになってた・・・
なもんでCSSC第2戦はお休みです。

残りの第3・4戦頑張りたいと思います!
その他行事も重なりそうなんで今回は我慢ですな

2018年5月26日土曜日

ガスケット吹き抜けチェック

CSSC第1戦の直前でエンジンブローさせて中古エンジンをノーチェックで載せ替えて走行時間は2時間程経過

ブルスカのエキシビジョンレース2本目後半に起きたトラブル
ガスケットの吹き抜け・・・

まず確実に抜けてしまったFバンクを確認
あ~ダメっすね!



続きましてRバンクは・・・
ダメじゃん!
たまたま抜けてないようですが、抜ける直前!もしくは気が付かなっかだけかも?ってレベル!

5月は結局ブルスカの走行だけだったんで来月はどこかで乗りたい
なんて思いながら
明日は久しぶりのエンデューロ!